Find us on....

Contact

  • 048-261-9241
  • 8:00-20:00(日曜定休)

Blog ブログ:Grenstockからのおしらせ

2012.10.05

おしらせ

週末営業のお知らせ

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

20121005-081538.jpg

今週末の3連休、当工房は明日10月6日(土)、10月8日(月)通常営業しております。
7日(日)は定休日ですのでお休みとさせていただきます。

宜しければ是非ともご来店くださいませ。

尚、オーダーシューズご希望の方はあらかじめメールまたはお電話にてご予約ご連絡頂けますと
お待たせせずにスムーズにオーダー頂けます。

よろしくお願い致します。

2012.10.04

おしらせ

ありがたく

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

20121004-065723.jpg

10月1日発売号の雑誌penに当工房を載せて頂きました。

思えば、月に二回発売されるpen、発売日がいつも待ち遠しく、
1日、15日の朝は工房に入る前に最寄のコンビニでゲット、仕事前に
いつもエネルギーをもらってきたマガジンでした。

バックナンバー。私のお気に入りは今年の1月に発売された新時代リーダー論。
これはいまでもよく読み返すのですが、傑作です。
その当時、人に出会う際は近くの本屋さんで買い、出会いがしらに
渡してたの覚えています。押しつけです、笑

それでもマガジンで傑作と言える。素晴らしかったです。

そんな憧れの雑誌penに、自分とお客様で日々作り上げてきた工房を取り上げて頂いた。
一つの2012事件です。

嬉しいかぎりです。

これからも日々靴業頑張ります。ありがとうございました!

2012.09.28

修理

オールデン オールソール

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

今日はアメリカはニューイングランドの雄、オールデンの修理のご紹介。

当工房での得意とする修理の一つ、レザーのオールソール。
今回はオールデンのオールソールです。

オールデンは、アメリカのかっこいい無骨さを上手く表現出来ている靴の一つで
アメリカ靴の中でもとても人気のあるメーカーです。

もちろん、修理するにあたってもそのスタイル風合い通りに仕上げるのはとても
難しい靴です。

今回は、オールデンのモディファイラストという癖の強いスタイル。
このスタイルがまた何ともはやかっこいいのですが、難しい。。

刳れているフマズにしっかりミゾを掘り縫い上げ、
アメリカのかっこいい無骨さそのままに焼きコテを強くあて、
アメリカ製のラバーをトップリフトに付け仕上げました。

やり過ぎない手仕事はとても勉強になります。

スタイルそのままに、風合いそのままにリペアされたいお客様、
是非ともお気軽にご相談くださいませ。

20120928-202614.jpg

2012.09.24

日々考察

宝物

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

先日、とてもとても大切なお手紙を頂きました。

そこには
「あれこれ遠回りしましたが、ようやくGRENSTOCKに辿り着くことができました。」
とありました。

涙。。

これからも頑張ります!

2012.09.21

おしらせ

色々と影響をうけて

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

20120921-085504.jpg

私が仕事で尊敬する人たちは、古き良きものに敬意をはらいお客様に提供する際には
自分の手の術でそっとサポート、より良く現代生活にバトンタッチするという素敵な人ばかり。

もちろん、その手の術には、オリジナルの雰囲気を壊さずに手のクセもなく
正確な仕事をされております。

今日はその大切な人の一人、とても良くしていただいている吉田さんのお店のご紹介。

東京は緑ヶ丘にあるスカンジナビアファニチャーの家具屋さん「KONTRAST」。

デンマークの家具を中心に厳選されたヴィンテージファニチャーをとても綺麗にリフォーム、リビルドして扱われております。

吉田さんは、ご自分の知識とノウハウからヴィンテージの家具を仕入れ、
正確な判断によりリフォーム、まるで一から製造されたかのような手仕事をされています。

とくに素晴らしいといつも勉強させられるのが、そのセンス。

木の種類に対し、どのようなテキスタイルや革がベストマッチなのかを熟知されています。
それは当時のスタイルや流行、また現代生活が利便性を追い求めるなかでも活躍できるよう生活用品としての機能性など、しっかりとカテゴライズされた判断から組まれる家具たちは本当にかっこいいものばかりです。

20120921-090251.jpg

当工房も影響をうけて、お客様と「セッション」させていただく受付椅子は吉田さんのところで購入させて頂きました。

靴とは少し離れ、場所も当工房から少し(笑)離れた大切に思えるお店。

近くに行かれる際は是非とも覗いてみてください。

KONTRAST http://www.kontrast.jp/

オーダーシューズサンプル

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

20120914-185254.jpg

当工房でのオーダーシューズは、お客様との「セッション」により、より良い一足が
仕上がるようにお客様としっかりとお話させていただきながらおつくりしています。

ですので、特にこちらの用意したサンプルの中からお選び頂くというわけではなく、
お客様の頭の中にある理想像を具現化するといった、お客様がデザイナーで当工房が請け
みたいなスタイルで承っております。

当工房では、豊富な資材、様々な製法、ハウススタイルを駆使し、コンシェルジュとして
お客様のご要望にフィット、足にもフィットする一足を仕上げてまいります。

ご要望ございましたら是非ともお気軽にご連絡下さいませ。

写真は、先日ご注文頂いた外羽根式のワンピースシューズ。

2012.09.01

おしらせ

オールソールセールありがとうございました!

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

20120901-205329.jpg

先月中旬より告知させて頂きましたオールソールセール、
本当にたくさんの方々にお気に入りの一足をお持ち頂きまして
大盛況の中、昨日終了致しました!

本当にありがとうございました。

今後も定期的にサービスメニューのセール開催したいと思っておりますので、
今後とも何卒よろしくお願い致します。

2012.08.17

おしらせ

オールソールSaleのお知らせ

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

当工房、勝手ながらお盆休暇を頂きましてご迷惑をおかけしました。

明日8月18日より通常営業させていただきますので今後とも何卒よろしくお願い致します。

さて、早速ではありますが、靴修理saleのお知らせです。

明日8月18日より8月31日まで、当工房に靴修理のオールソール交換ご依頼のお客様に限り20%OFFとさせていただきます。

当工房では日頃よりオールソール交換のご依頼が非常に多く、その経験から最も得意としている修理メニューの一つです。
様々な靴メーカーやデザイナーズによりオリジナルに近くリフォーム、また履きやすさそのままに不快感なくソールだけを新しくリペアできるよう努めています。

今回は、レザーソールはもちろんビブラム社製ラバーソール、イギリス製ラバーソール各種などなど様々なソールもsale対象とさせていただきます!

宜しければ是非この機会に当工房にオールソール交換ご依頼くださいませ。

オールソール交換SALE

8月18日より8月31日まで
8:00~20:00 ※日曜定休

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オールソール交換修理例

レザーソール+ラバーリフト 通常12600円、⇒10080円
レザーソール+ラスター 通常13650円、 ⇒10920円
レザーソール+チャネル仕様 通常15750円、 ⇒12600円
レザーソール+チャネル仕様+化粧釘 通常18900円、 ⇒15120円

ビブラム社製ラバー各種 通常8400円〜、 ⇒6720円〜

イギリス製ラバー各種 通常15750円〜、 ⇒12600円〜

レディスオールソール 通常6300円〜、 ⇒5040円〜

ビルケンシュトックオールソール 通常6300円〜、 5040円〜

その他、お気軽にご連絡お問い合わせくださいませ。

20120817-211024.jpg

オールソール交換修理例
クロケット&ジョーンズ レザーオールソール交換

レザーソール+チャネル仕様+純正化粧釘 通常18900円 ⇒sale. 15120円

2012.08.10

おしらせ

お盆休業のお知らせ

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

当工房は、8月12日(日)から8月17日(金)までお盆休業とさせていただきます。

8月18日より通常営業させていただきますので今後とも何卒よろしくお願い致します。

20120810-204644.jpg

2012.08.09

展示会

ご来展ありがとうございました

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

7月31日より開催しておりましたサンダルアート展「footbook」。
昨日で終了、本当にたくさんの方にご来展頂きました。ありがとうございました。

私にとって、とても勉強になる展示でした。

普段、クリエイティブディレクションをされている様々なジャンルのプロに
「いま考えるサンダルとは何か?」と問いかけて考えて頂き、頭の中のイメージを
デザイン案として絵型にしてもらい、それを私が実際に具現化するという企画。

さすがにみなさんプロ、レイヤーやギミック、ロストファウンドといった技法を駆使し
誰もが楽しめる一足をデザインしてくださいました。

本当に素晴らしいサンダル、ご来展頂けなかった方々にもご紹介できたらなと
こちらのブログでも少しずつではありますがご紹介させていただきます。

20120809-093359.jpg

まずは、1番評価の高かった一足。
田中裕之建築設計事務所の田中裕之さんのサンダルです。

「カカトを踏むサンダルはあるけれど、紐の部分を踏むサンダルはないのでは?」

というご提案からスタートしたこのサンダル。
履くとごく普通のパンプスのようですが、脱ぐとまさに潰れた靴が出てきます。

田中裕之さんのクリエイションはとても人柄が表れていて、
優しく、どんな人からも好かれ、そこにそっとギミックが隠されていて
永く楽しめるものばかり。

ご自身のスタンスを社会に写すことがとても巧く、いつもインスパイアされています。

ご自宅のリノベーションや内装などなど、ご検討の方は是非!

田中裕之建築設計事務所
http://www.hiroyukitanaka.com/

2012.08.04

修理

パラブーツ

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

20120804-170737.jpg

当工房によく修理を持ってきて頂く靴の中のひとつに
フランスのカジュアルシューズ、パラブーツがあります。

私自身もとても大好きな老舗メーカーの一つ、パラブーツ。

ぎゅっととシブい音がなりそうな厚い革とオリジナルで作られた靴ゴムで作られた靴は
歳月とともに味が出てきて何十年も履けるかっこいい一足です。

今回はそんなパラブーツにイギリスの丈夫なラバー、リッジウェイソールに張替えさせて頂きました。
パラブーツオリジナルの靴底にも負けない粘り強さに少しシャープなイメージを加えた
リッジウェイソールは、フランスカジュアルシューズにとても相性がよく
独特なカントリーシューズの雰囲気をだしてくれます。

その他、J.M.ウエストンやエシュンといったフランスカジュアルシューズにもイギリスのラバーは相性抜群ですので、少し雰囲気変えたいなとお考えの方は是非ともお気軽にご相談くださいませ。

2012.07.27

展示会

サンダルアート展「footbook」のお知らせ

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

20120727-115728.jpg

来週7月30日より8月7日まで当工房にてサンダルアート展「footbook」を行います。

建築家、グラフィックデザイナー、服飾評論家、音楽家などなど
日頃からイメージを具現化することを生業とされているクリエイターの方々に
それぞれこの夏の一足をご提案して頂き、実際に私がサンダルとして作りました。

仕上がったサンダルは、どれも個性豊かなモノばかり。

クリエイターの方々の普段の丁寧でユーモアのあるクリエイションに触れることができます。

ご興味のある方は是非遊びにご来店くださいませ。

「footbook」

2012年7月30日(月)〜8月7日(火)
8月5日はお休みします。

12:00〜20:00

GRENSTOCK

埼玉県川口市芝5-6-13