Find us on....

Contact

  • 048-261-9241
  • 8:00-20:00(日曜定休)

Blog ブログ:Grenstockからのおしらせ

2013.03.02

日々考察

道具とヒラタクワガタ

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

20130302-193609.jpg

当工房では修理を行う際、どの靴もオリジナルの状態に近くなるよう
ディティールや作られた工程をしっかりと探求し、履きやすさとのバランスを考えながら作業しています。

そのためにまずかかせないのが道具の加工です。

一つの作業にしか使わない工具も、靴のメーカーやブランドに合わせて数種類工具を加工使い分けます。

特に革靴の靴底加工には仕上げの段階で様々な道具を使用、道具を使う順番や組み合わせで何十通りもの工程が生まれます。

それはまさにレシピ。秘伝のタレをどのタイミングで使うのかといった感じでいつもワクワクします。

また靴の工具は、大きな機械も手の届く小さな道具も「水と熱」をうまく使い生かします。
そこで、熱を伝えるために電熱器、水を入れとくために霧吹きを常時机の上に置いています。

当工房では、その電熱器と霧吹きの脇にヒラタクワガタが4匹住んでおります。
年老いたヤツで二回目の冬をヌクヌクと工房の真ん中で越しております。

毎日頭を使い、レシピに合わせながら使う工具の脇にヒラタクワガタ。

作業の合間にそのゆっくりとしたクワガタの動きに癒され
彼らは湿気も室温も適した環境で暮らす。

一風変わった光景も理をなした空間に毎日工房は支えられております。

タバコ

いつもご利用頂きましてありがとうございます

今日はオーダーでお作りした一足をご紹介。

20130201-152858.jpg

モチーフはアディダスの名靴「タバコ」。

スニーカーながら、濃い茶のスエード革にアメ色のラバーが何とも大人な一足です。
しかしながら、つま先はコロンと丸く 太い靴紐がついているため、カジュアル感がしっかりとあり、すごく計算されているデザインだなぁとずっと感心していました。

そこで今回、「スーツでもジーンズにでも履けるスニーカーを」とのご依頼から
このアディダスのタバコを思い出しご提案、まんまだとおもしろみがないなと
アディダスの3本ラインをステッチでpen型に装飾、世界に一足のオリジナリティあふれる靴に仕上げました。

何とも可愛らしい一足。

ここ最近はスニーカーのご注文も増えてきて、ますます靴作りが楽しくなってきております。

オリジナリティあふれる一足をお考えでしたら、お気軽にご連絡下さいませ。

20130201-152949.jpg

スニーカー ※ 木型ナシ 31500円〜

2013.01.21

修理

トリッカーズ仕上げ剤

いつもご利用頂きましてありがとうございます。

今年もはや20日が過ぎましたね。
本当に毎日あっという間に過ぎていきます。

20130121-175834.jpg
今日、念願のトリッカーズのコバ仕上げ剤が届きました。

イギリス靴の中でもカントリースタイルが代名詞のトリッカーズ。
どっしりとした靴底がかっこ良く、またその靴底の側面も独特な風合いで
特殊な色の仕上げがしてあります。

当工房にもよく修理のご依頼を頂くトリッカーズ。

やはり仕上げの色と質感を合わせながら、よりオリジナルに近い状態で仕上げてきましたが、
今日、ようやくオリジナルの仕上げ剤を入荷いたしました!

これで、黒い靴底コバ面も、定番のオレンジ色も、ナチュラル仕上げもオリジナル同等に
仕上げることができます。

よりオリジナルに近い修理をご希望の方は、是非ご依頼くださいませ。

2013.01.14

おしらせ

あけましておめでとうございます

いつもご利用頂きましてありがとうございます。

去年もまた、たくさんの靴から数多くのお客様と出会い、工房として
大きく成長することができました。

ありがとうございました。

今年も丁寧に日々仕込みをすることを大切に、一つ一つの作業と向き合い、一足一足に手間を注げるようスタッフ一同、靴工房として営んで行きますのでどうぞよろしくお願いいたします。

20130114-203630.jpg

2012.12.19

おしらせ

年末年始の営業時間のお知らせ

いつもご利用頂きましてありがとうございます。

年末は12月29日(土)までの営業、

年始は1月5日(土)よりスタートさせていただきます。

また、来週の祝日24日(月)も8時〜20時で営業しておりますので、
ハッピークリスマス!とだけでも一声かけに起こし下さいませ◎

年末、靴を綺麗にして新年を迎えたいという方、下記のスケジュールで
お預かりさせて頂きますと年内中に仕上がりますので、どうぞご参考下さいませ。

いつもありがとうございます。

今後とも何卒よろしくお願いします。

○お預かり後年内中仕上がり予定

メンズレディース トップリフト(カカト)交換 27日までの受付より年内仕上がります。
メンズレディース メリーソール(半バリ)張り 27日までの受付より年内仕上がります。
メンズレディース ツマ先アタッチメント 27日までの受付より年内仕上がります。
メンズレディース 腰裏スベリ革 修理 25日までの受付より年内仕上がります。
レディース ヒール交換 24日までの受付より年内仕上がります。
メンズレディース オールソール交換 24日までの受付より年内仕上がります。

お問い合わせもお気軽にご連絡下さいませ。

20121219-084615.jpg

デイリービジネスシューズ

いつもご利用頂きましてありがとうございます。

今日は先日ご注文頂き仕上がったビジネスシューズのご紹介。

20121128-090947.jpg
今回のご注文は、毎月地方出張で何千歩も歩く、それでもってそこで商談をされるということで、悪路も滑らずしっかり歩きたい、またたくさん歩いても疲れにくいようクッション性を重視、その上で商談時でも身だしなみとしてきちんと靴を履きたいというご要望から始まりました。

まずは、靴のスタイル。商談も大きな案件が多いということ、海外出張も多いということで、よりスマートでドレススタイルの内羽根式の短靴に。

次にたくさん歩いても疲れにくいよう、ヒールに踵がブレにくいよう硬い樹脂製のヒールカップとそれを覆い足とのよりフィット感をより増すように特殊ウレタンを使用しました。
またしっかりと地面を蹴り、前に前にスムーズに足が進むようにイタリアの伝統的製法ボロネーゼ製法で靴の前部分を袋状に形成、屈曲性、クッション性を両立しました。

靴底は摩耗に強いイタリアのビブラム社のラバーを使用。悪路でも石が詰まらないよう、また靴底を留めるステッチが摩擦しないようリッジウェイタイプのモノに。

これで完成仕上がったのがこの一足。
コンフォートシューズのようなドレスシューズが仕上がりました。

これでどんな出張にも心強い、今では何の不安もなくスポーツシューズもように愛用して頂いていると満足していただきました。

嬉しいかぎりです。

当工房では、クラシックな革靴も得意としていますが、コンフォートシューズやスニーカー、
またそれらのスタイルを合わせたデイリーシューズも多くのお客様よりご要望頂いております。

ご要望に応じ、またそれぞれの足に合うよう様々な資材、製法をご提案させていただきますので、
お気軽にご相談、ご来店頂ければと思います。

今回もありがとうございました!

2012.11.20

修理

オールデン オールソール

いつもご利用頂きましてありがとうございます。

今週に入り、一段と寒くなり冬の匂いがしてきました。

私は冬がとても好きで、特に冬の朝の澄んだ空気が何とも素晴らしい。

20121120-203215.jpg
今日はアメリカ、ニューイングランドの雄、オールデンのオールソールのご紹介です。

言わずとしれたオールデン、昨今多くのファッション誌で取り上げられておりますが、
その中でも定番で最も人気のあるモデルが「990」です。

とてもシンプルなレースアップ短靴にシカゴのコードヴァンでまとめた傑作です。

当工房にも毎週、多くのお客様より修理のご依頼をいただくところだけでも
その人気がわかります。

今回はそのオールデンの傑作をオールソールさせていただきました。

素材はもちろんのこと、釘や仕上げる工具までオールデンに合わせて仕上げさせて頂く
オールソール。

一度オールソールすると、はき心地変わらずまた長く付き合えてますます愛着が増してきます。

オールデンにオールソール。

モノを大切にされているんだなとすぐにわかり嬉しくなります。

生活用品はこうでなくちゃと改めて実感できる靴の修理。

オールデンのオールソールお考えでしたら、是非お気軽にご相談くださいませ。

オールデン990 オールソール15750円 修理期間10日間ほど。

2012.10.25

日々考察

アベストン

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

今日は当工房の名作アベストンについて少し。

20121025-212555.jpg

2004年ごろにファーストサンプルを作ってから早くも8年。

私の中で何も変化することなくデザインに信頼をおき、今もたくさんのご注文を頂いているのが
このアベストンというモデルの靴です。

もともと阿部という友人に作ったのがきっかけでこの変わった名前がついたのですが、始めはメンズのブーツで展開しようと思っていました。

が、女性のお客様よりたくさんのご依頼を受け、いつの日かレディスシューズとして当工房の看板に。

今では月に何足もオーダーいただくマスターピースとなりました。

もうあと少し寝かせてから、しっかりとプレスリリースしようと考えている靴の一つ。

大事に大事に今日も作り続けます。

2012.10.18

日々考察

教育をケータイしているデザイナー

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

今日はオーダーをいただいた素敵な一足が仕上がったのでご紹介します。

20121018-212329.jpg

ご注文主は、compound代表のデザイナー小田雄太さん。

今年、世界的に有名なデザイン賞を受賞、今月末には表彰を受けにドイツに行かれるという今とても旬で目が離せないデザイナーさんです。

その小田さんからご注文頂いたのは、当工房のサンプルにある人気のドレスシューズ、
ロングウイングチップブーツをベースに、クレイジーパターンで遊びとカジュアル感を出した一足。

日本のコードヴァンとアメリカシカゴのステアハイドという素材までクレイジーパターンでご注文頂いたのはさすがです。

しかもご覧の通り、5色も使っているのにこれがまた綺麗にまとまるのだから不思議です。

小田さんは、「デザイナー」とストレートに言える素晴らしいデザイナーです。
また、「この人は教育者だなぁ」といつも尊敬できる素晴らしい人柄の持ち主でもあります。

小田さんとの会話にはいつも段落があり、間を遊ぶシロがあり、「次」があります。
小田さんが何気もなく話始めるたとえ話に、人は始め頷きながら聞き、途中に自分にその話を置き換えて考え出すようになり、質問が生まれると知っていたかのように「じゃあ、あなたならどうする?」というようなフィッティングを用意。

話した後に、楽しさの余韻と頑張らなきゃというやる気が出るのは、栄養ドリンクの比ではありません 笑

それは、誰と対峙しても「ヒト→モノ←ヒト」という関係を伝えることができているからこそだと思います。

これから先、小田さんの豊かな人柄と人生が生み出すデザイン、本当に楽しみです。

COMPOUND

2012.10.06

日々考察

ケータイ電話

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

20121006-113416.jpg

今日は当工房のスタッフ一同が仕様しているケータイ電話について。

一年前くらいでしょうか。

あるお客様から勧めて頂いてから愛用しているのが「GALAXY」。

私自身、ものすごくアナログ人間なのでハイテクなモノにとても弱く
ブログやSNSなんかは「いいなぁ」なんて思いながらも苦手意識からか
全くと言っていいほど使えていませんでした。 苦笑

しかし、GALAXYにケータイ電話を変えてからは色々と興味が出てきまして、。
今や、このブログも仕事のスケジュールもすべてケータイ一つに。

ありがたいことです。

また、当工房の姉妹店ではGALAXY専用の革ケースも取り扱いが始まり、
ますますGALAXYファンに!というタイミングでなんとGALAXYの活用法として
取り上げていただきました。

なんとも嬉しいかぎりです。

まだまだ機能盛りだくさんだしハイテクに弱い私ですが、今回取材していただいたことで
改めてGALAXYに頼ってるなぁと見つめなおしました。
これからも私の仕事を支えてもらうパートナー的存在、GALAXY。

ケータイに向かって、これからもよろしくどうぞ◎と感謝できた機会でした。

http://news.mynavi.jp/articles/2012/10/04/gs/index.html

2012.10.05

おしらせ

週末営業のお知らせ

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

20121005-081538.jpg

今週末の3連休、当工房は明日10月6日(土)、10月8日(月)通常営業しております。
7日(日)は定休日ですのでお休みとさせていただきます。

宜しければ是非ともご来店くださいませ。

尚、オーダーシューズご希望の方はあらかじめメールまたはお電話にてご予約ご連絡頂けますと
お待たせせずにスムーズにオーダー頂けます。

よろしくお願い致します。

2012.10.04

おしらせ

ありがたく

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

20121004-065723.jpg

10月1日発売号の雑誌penに当工房を載せて頂きました。

思えば、月に二回発売されるpen、発売日がいつも待ち遠しく、
1日、15日の朝は工房に入る前に最寄のコンビニでゲット、仕事前に
いつもエネルギーをもらってきたマガジンでした。

バックナンバー。私のお気に入りは今年の1月に発売された新時代リーダー論。
これはいまでもよく読み返すのですが、傑作です。
その当時、人に出会う際は近くの本屋さんで買い、出会いがしらに
渡してたの覚えています。押しつけです、笑

それでもマガジンで傑作と言える。素晴らしかったです。

そんな憧れの雑誌penに、自分とお客様で日々作り上げてきた工房を取り上げて頂いた。
一つの2012事件です。

嬉しいかぎりです。

これからも日々靴業頑張ります。ありがとうございました!